blog

15 November

鈴木 崇 展


作品「ARCA」は平面に映るピントのあった影をとらえた“現代アート作品”である。“写真作品”という印象よりは作品全体が醸し出す存在感が物体的な印象を与えていて、空間さえも感じることができた。予想外だったことは、作家本人から作品解説を聞くことができたのだ。であるならばと、展示方法や色についていろいろ伺い、たくさんのヒントをいただいた。
11:22:48 - spk - - TrackBacks

07 November

ARCA


九月の半ばにThe Third Gallery Ayaへ行くことになったのは、「鈴木 崇 展」の案内を頂いたからだ。あいにくギャラリー主は出張中で不在であることがわかっていたがこのタイミングを逃すわけにはいかない。直接作品と対峙すれば空間のイメージも膨らむのではないかという確信があったからだ。

00:54:51 - spk - - TrackBacks