blog

30 January

2年ほど、手つかずでしたが、画像容量限界の為下記ブログに移動しました。引き続きよろしくお願いします。
http://tspkr.blog100.fc2.com/
15:58:41 - spk - - TrackBacks

25 January

司馬遼太郎記念館の庭


正確には母屋の庭だが、訪れる度に“庭の方”が気になっていた。だから今回は庭目的といっていいだろう。雑木林のようで手入れの行き届いた庭はとても居心地が良い。書斎からの眺めを想像しながら庭の構想を練る。
18:57:23 - spk - - TrackBacks

24 January

2009


昨年、家を建てた。“建築主”として「オレは足利義政か」と言わんばかりにのめり込みつつも、“設計者”としての冷静な自分も存在していたわけで、ずいぶんと頭の中が忙しいことになっていた。建築にまつわる手間の数々はいつものことであるが、それが自分に降り掛かってくることは今まで体験したことがなかった。2008年“建築”完成、2009年“庭”づくり。
19:12:13 - spk - - TrackBacks

24 October

Basie


「ベイシー」を知ったのは、打合せのとき施主からベイシー体験談を聞いてからだった。2年くらい前だからずいぶんと最近のことである。ただその話を聞いてからは「ベイシー」が頭の中から離れなかった。それが機会を待つきっかけになったといっていい。その施主とおなじように酔いしれたひとときであった。
01:13:44 - spk - - TrackBacks

10 October

達谷窟


毘沙門堂、傾斜地ではないが窟から生え出たような懸崖造りの桁や柱が、断崖によってそのプロポーションを絶妙に際立たせている。屋根は御影堂形で下から眺めていたら二月堂のできごとを思い出していた。

01:26:24 - spk - - TrackBacks