blog

BAUHAUS


先日、どういうわけか軽井沢で“バウハウス”や“狂乱の時代”の芸術、建築、デザインについて盛り上がった。現代のそれらについて10年間意識的にみることができてからのバウハウス観を20年、30年と時代をみてきた方たちへぶつけてみたりして有意義な時間を過ごした。それがきっかけで「バウハウス・デッサウ展」を見に行ってしまった。書生時代に衝撃を受けてからはデザイン史の基軸となって現代をみるようになってしまった観は少なからずある。


posted at 00:40:28 on 07/03/08 by spk - Category: design

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL